ひりあとりある

ただのつぶやきです

文アルの鏡花は美しいね

小説の感想ってネットで調べたら山ほど書いてあるので、特に文学初心者の私は遠慮して書きません書けません(笑)

私は自分が納得できた書評しか興味がありません←


夏目漱石のこころの次は、角川文庫の素敵なカバー繋がりで、宮沢賢治注文の多い料理店を読みました


宮沢賢治さんすみません、本の存在を知って25年は経過しているだろうに、30になるまで内容知らなくて、「行列のできるレストランなんだろうな」とか考えてたら、ところがどっこいなんですね…びっくりしました。

なんでもっと早くに読んでなかったの自分‼︎ってなりました。


宮沢賢治は小学生のときに授業で銀河鉄道のアニメを見たくらいで、

宮沢賢治の書く童話の世界は、とても素敵ですね。



3冊目はまたもや角川のカバー目当てに、泉鏡花高野聖を買いました。


む、難しい……

漢字だらけ昔の言葉ムズカシイどうしようと思いながら、それでも読み終わる頃にはなんとなく話がわかるようになってきて…

なんだかレベルアップした気がして、自己満に浸ってます(笑)とても大いに自己満ですよ。恥ずかしくて人には言えない(笑)


ということで、文アルの鏡花さんヴィジュアルもお声も素敵です


ところで、川端康成の、栞、ない、から、召魂できな…あーほしいよーヽ(;▽;)ノ


人生初の尊敬したい人、D・カーネギー先生

本田さんのおすすめで見た、ベストセラーの著デールカーネギーの人を動かすと道は開けるを読み、私の人生はつまらん大したものではありませんが、衝撃をうけました。


ずっとベストセラーですし、皆さん購入されていると思いますが…


最初に、思いつめていた時期だったので、道は開けるから読みました。


最初の方に書いてある、


「私は、過去の出来事、すでに決着したことを後悔するあまり、現在をも傷つけてはいないだろうか」


という一文に、衝撃を受けました。


母が数年前に亡くなったのですが、まだ私は20前半でした

母とは学生の頃から色々あり、言いたいことや伝えたいこと、喋りたいこと、今となったらたくさんあったのに、ほとんど言えず、後悔ばかりしていました。


自分のことを言われてると思って、矢印が胸にささったくらい衝撃を受けました


そしてシェイクスピア


---

昨日は夢に過ぎず

明日は予感でしかない

精一杯生きた今日は

すべての昨日を幸せな思い出に変え

すべての明日の見取り図とする

だから目を開こう

今日に向かって

---


この詩は、本当に素敵な詩だと思います

大好きです


過去に縛られていた自分が、少しだけ楽になりました。


生き方、考え方、自分には本当に感銘を受けました。いつもカーネギーを思い出して自分を叱咤し勇気つけています。


書評は皆さんされているので、やりません(笑)

わたしの小説との向き合い方

中学生で夏目漱石のこころ、よむんですねー

わたし読んだのかなあ←

舞姫伊豆の踊り子は見た気がする


学生の頃は活字の本ってほとんど読めなくて、読書感想文はいつもあらすじで感想書いてたようなやつなんですが(オイ)


いまならこれもラノベって言うんですかねぇ、小学生の頃から小林深雪さんの小説は好きで10冊弱読めました。こーゆーのは読めました。


高2のときに今日から喬林知さんの「マのつく自由業シリーズ」と出会ってから爆発的にはまって読みましたねー家でも授業中でも読んでました

アニメ始まったら流行りが嫌で読まなくなりました(笑)


その頃友達が買ってた「好きなものは好きだからしょうがない!」も読んでました

ボーイズラブの小説はここから読むようになりました


そのあと19くらいからボーイズラブの小説にハマりものすごい勢いで買いましたー

夜10時頃から読み始めて、気づいたら寝てて深夜3時に目を覚まして読み続けたこともありました(笑)

私のボーイズラブの小説の買い方は、好きな小説家さんと、好きな絵師さんがマッチしていた本を買っていました。

あらすじは読んでおりませんでした(笑)


そして昨年から意識高い系になり(笑)

苦手だった活字を読むようになりました。

ビジネス書を読もうと思ったのですが、知識がないので、とりあえず私の尊敬するたかはしあや先生のブログに記載してあった、本田直之さんのレバレッジ・リーディングを読み、本の探し方と読み方を少し心得て、買うようになりました。

文学読書

電車で読んでいる本を勝手に喋ろうと思います


文豪とアルケミストが好きでパソコンもスマホでもやっていますが、そこから文学にも興味を持ち(今更です)文豪1人ずつ読んで見ることにしました。


最近、出口治明さんの本を読んでいたので、夏目漱石森鴎外は読んでみようと思い、夏目漱石から読んで見ることにしました。


吾輩は猫であるにしようか坊ちゃんにしようか悩んで、『こころ』にしました。



文学を読んだことがなかったので、面白くないと挫折しそうだと思い、あらすじを見てこころを読んでみようと思い、読むことにしました

通勤(学)電車

いままで会社には全て車の勤務地でした

職業訓練で学校が駅のちかくなので、電車で行っているのですが、それを利用して、読書をしています


読書です


読書


読書(しつこい)


マンガやラノベやBL小説は引きこもってしか読めない人間なので、電車では文学の文庫を読むことにしました。


20前後にBL小説を山のように買っては読んで、あの頃に私の語彙は増えたと確信しています

ボーイズラブの小説で?と思うひとが多いのかもしれないけど、私にとって言い回しや言葉遣いは確実に増えたと思います。

だからとても感謝しています


ちなみに読書を連呼したのは、昔から趣味は?と聞かれて、マンガが好きだから読書と答えるのができなかった思い出が強くて(笑)

ほら、JPOPが好きだけど音楽鑑賞っていうのがなんか後ろめたい気がするのと同じです(笑)


最近はビジネス書や自己啓発や文学を読むので、読書と堂々と言える気がする(笑)

現在は

かくかくしかじか

いまは起業準備中です

別に失業保険の延長目的とか早く貰えるからとか、そんな理由じゃなくて、取りたい資格があったのと、30まで働かない生活をしてこなかったので、何もしない毎日が耐えられなかったので、職業訓練を受けています


職業訓練って、いろんな目的な方いて、あんまりお金目的ってのもどうかなって最初は思っていましたけど、

私も自分の都合で行っているので、いろんな人がいても仕方ないのかな、とも思うようになりました


10数年ぶりの学生にみんなでワイワイのノリについていけなくて、最初はとてもいたたまれなかったけど、私は意識高い系を目指しているので(笑)休み時間は自習と自分のクソ汚い字を治したくペン字の本をやっています



意識高い系って面白いよね(笑)


一応じこしょうかい

30代女です

中学生の頃から腐女子してますが、20代の前半に結婚しましたが、近年バツになりました。


ニートやフリーター歴はありませんが腐女子オタクを長年やっておりましたので、必然的に引きこもりでしたが、離婚を気に外に出るようになりました


とはいえ根はオタクなので、心のオアシスはゲームとマンガとアニメです