ひりあとりある

ただのつぶやきです

人生初の尊敬したい人、D・カーネギー先生

本田さんのおすすめで見た、ベストセラーの著デールカーネギーの人を動かすと道は開けるを読み、私の人生はつまらん大したものではありませんが、衝撃をうけました。


ずっとベストセラーですし、皆さん購入されていると思いますが…


最初に、思いつめていた時期だったので、道は開けるから読みました。


最初の方に書いてある、


「私は、過去の出来事、すでに決着したことを後悔するあまり、現在をも傷つけてはいないだろうか」


という一文に、衝撃を受けました。


母が数年前に亡くなったのですが、まだ私は20前半でした

母とは学生の頃から色々あり、言いたいことや伝えたいこと、喋りたいこと、今となったらたくさんあったのに、ほとんど言えず、後悔ばかりしていました。


自分のことを言われてると思って、矢印が胸にささったくらい衝撃を受けました


そしてシェイクスピア


---

昨日は夢に過ぎず

明日は予感でしかない

精一杯生きた今日は

すべての昨日を幸せな思い出に変え

すべての明日の見取り図とする

だから目を開こう

今日に向かって

---


この詩は、本当に素敵な詩だと思います

大好きです


過去に縛られていた自分が、少しだけ楽になりました。


生き方、考え方、自分には本当に感銘を受けました。いつもカーネギーを思い出して自分を叱咤し勇気つけています。


書評は皆さんされているので、やりません(笑)